カテゴリー
大学生活アイテム

九大生に教えたい。肌トラブルにはマメさが一番だぞ!マメに手入れをする理由と方法。

今回の記事ではいくつかの肌手入れの方法をお伝えします。が、いちばん大事なのはズバリマメな性格を手に入れることです。マメに手入れをする気持ちがなければ何も手入れは実を結ばないのです。

そしてマメな気持ちを手に入れたら、やることを以下に示しておきましょう。

肌手入れリスト
  • ハトムギ化粧水ジャバジャバ
  • クレンジング、洗顔する
  • 顔の産毛を剃る
  • 水をたくさん飲む
  • 運動を定期的にする

赤が実際に肌に手を下すタイプのお手入れ、青が普段から気をつけておくこと(心構え)です。

それでは行きましょう。

マメな性格を手に入れろ

マメな性格を持つことが一番大事になります。なぜなら肌は毎日使うからです。使う耽美にお手入れをしないと道具は汚くなっていきます。肌も毎日生きています。あなたが呼吸をするのと同じように、心臓を動かすのと同じように、飯を食うように、肌も油を出し、汚れていきます。

だから継続的に肌の手入れをしないとお肌がキレイに保てません。お肌トラブルを避けるためにはズバリマメに手入れをすることです。

この一つの事実を覚えずして肌手入れは意味を成さないのです。

お肌手入れ編

実際にお肌に手入れする方法をお教えしましょう。それはズバリきちんと洗うこととみずみずしさを保つことなんです。

ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水をこれでもかというほど使って上げましょう。ハトムギ化粧水を選んだ理由は一つでズバリ「安いから」です。安くないともったいなくてたくさん使ってあげられませんよね。

その点安いハトムギ化粧水であればじゃんじゃん使えちゃいます。値段について少し面白い話があります。

僕は筋トレをしていました。筋トレではプロテインを1日に1杯飲んでいました。体重は64Kgでしたが68Kgを目指していました。

プロテインは値段が高いのでたくさん飲むことを躊躇して1日に1杯しか飲めませんでした。でもある日マイプロテインという格安のプロテインを見つけました。そこでマイプロテインを買って1日に3杯飲んでみました。

すると2ヶ月位で70Kg に体重が増加したのでした。

もちろんがいいもの(値段の高いもの)を大量に使うのが一番効果は高いはずです。でも、もったいない、お金がないというのが大学生の本音です。

そこで次に質をとって量を少なくするか、量をとって質を落とすのか選ぶことになりますが、圧倒的に効果を得られるのは質を落として量を多く使うことです。僕の経験からこう思います。

とにかくハトムギ化粧水をジャバジャバ浴びるように使いましょう。

クレンジングと洗顔

洗顔を使う話は皆さんわかっていますが、クレンジングについてはご存じないでしょう。クレンジングとは油汚れを溶かし落とすための液体です。主に化粧を落とすために使われますね。

男の人も化粧ほどではないですが肌が油を分泌しているものです。洗顔を行う前にまずは油を落としておくことで、洗顔の効果がより大きなものになります。

僕はこれでイチゴ鼻が改善しました。

顔の産毛をそれ

顔の産毛をそっておきましょう。これは皆さん知らないかもしれませんが大事な話です。洗顔料やクレンジングオイル、化粧水などが肌に直に当たらずに産毛に遮られると効果は激減します。

産毛とは肌を守るために生えるものですがこれは逆にあなたの肌をキレイにするのを妨げていることもあるのです。肌に直接届く薬剤をより多くすることで、効果を100%使えるように変えておきましょう。

肌綺麗の心構え編

肌を切れに保つには肌を切れにすることが大事ですが、一方で肌環境をキレイに整えておくというのも大事なことです。その方法は簡単でしっかりとデトックスをしておくということになります。

具体的には水をきちんと取るようにする。運動を定期的に行う。(汗をかく)というものになります。

水を飲む

デトックスを促すためにはきちんと水分補給をしておく必要があります。水が補充されていないと出ていくことも出来ませんからね。補給しておくというのは大事な考えになります。

よく聞くのは1日に2L程度飲むのがよいうということでしょう。2Lと聞くと相当の量のような気がします。が頑張りましょう。気合です(笑)

ジュースではよくありません。まず糖や脂肪などはニキビの温床になりかねませんから、気をつけて取らないようにしましょう。ジュースは食べたときよりもかんたんに体に取り込むことができるので思っているよりも大量の糖分を摂取することになります。

飲むときには純粋な水を飲むようにしましょう。

運動で汗を流す

書いていて気づいたのですが、汗を流すのであればサウナも効果的です。毛穴や体にたくさんの悪いものが溜まっていると肌環境があれやすくなってきます。僕が大学で一人暮らしを初めて肌が荒れると感じるようになったのはこのことが影響していました。

実家にいる頃には毎日湯船にお湯を張ってお風呂に入っていました。長い時間お風呂に浸かることもありしっかりと汗を流していました。

しかし、大学に入学して一人暮らしを始めると節約のためにシャワーを使うようになったのです、そのためお風呂で汗を掻くというイベントはなくなりニキビだらけの顔になってしまいました。

毎日うんこをしないと体調が悪くなるように僕の肌もまいにちあせをかくことがなくなりニキビ肌になってしまったのでした。

サウナでも運動でも、お風呂でもいいので定期的に汗を流してデトックスすることを意識してみて下さい。

まとめ

週に何度か運動をして汗を流し、毎日の肌ケアを欠かさず、水を好み規則正しい生活を送っていればきっと肌環境はきっと改善していきます。負けずにマメな気持ちで続けましょう。