カテゴリー
部活・サークル

九大新入生のサークル・部活参加活動。とにかくいろんな<新歓>に顔を出せ

九大新入生のみなさんはいろんなサークルや新人歓迎会(通称新歓)によく誘われることになると思います。

いろんな新歓に参加して自分の入るサークルや部活を見つけてください。オススメです。

今回は新歓に参加するためにたった一つのコツと、新歓に参加しておいたほうが良い理由を紹介します。

合格発表の日に入学式に参加しておくこと。新歓に参加する方法は学校のセンターゾーンでとる授業に困った学生をしていること。です。簡単ですよね。

そして、新歓にはできるだけ多く参加したほうが良い理由は食費が浮くこと、といろんなところを見て自分が入るところを見極めるためです。ま、当たり前ですよね。

まずは必ず九大の合格発表を見に行くこと

九大の合格発表では多くの人が集まります。それは合格発表を見に来た受験生やその子たちを取りに来たテレビ局の人、親御さん達など多くの人になります。

もちろんそういう未来の九大生に対してスカウト的に自分の部活やサークルに人を勧誘しようとする先輩方もいます。そういう人は絶対部活のユニホームだったりサークル公式Tシャツだったりを着ているのでわかりやすいです。

彼らはビラ配りをしています。その人たちに近づいて行ってみてください。超ハイテンションでおめでとうを言ってくれた後にビラをくれます。合格者は必ずそのビラを集めまくりましょう。それが入学後の情報になるのです。

そして気になった団体があれば「少し話聞かせてください!」ですぐにお話をきかせてもらえます。簡単ですのでやっておきましょう。

もちろん疲れたと思えばビラ集めして帰るだけでいいでしょう。ビラには新歓の日時や何部なのかどういう活動をしているのかなどいろんな情報があります。

九大の入学式に行く

合格発表とほぼ同じ現象が起きます。センターゾーンの学食前ローソンの前でビラ配りが行われます。新入生がいるとたくさんのサークルメンバーに対して入れ食い状態でビラ渡ししてくれます。

これも有り難く頂戴しておきましょう。合格発表の日と、ほぼ同じ状態です。なので合格発表に出ていなくても入学式さえ行けば大丈夫とも言えますね。

入学後、新入生感を出してきょろきょろしておく

次に合格発表にも行けなかったし、入学式でもビラをもらえなかったと思う人の最後の奥義を授けておきます。

それは授業初心者感を出しておいて、きょろきょろすることです。授業中にやるのではなく休み時間に外でやりましょう。

新入生ハンターの年上お姉さんたちのレーダーにかかりやすくなるでしょう。先輩がいい感じで声をかけに近づいてきてくれます。そして、もう一つ持っておいたほうがいいアイテムがあります。

ディシプリン用紙

これは九大の新入生全員に配られる時間割の書いてある紙のことです。

しかし、学部や理系文系によって取らなければならない科目、取ったほうが良い科目、取らなくてもいい科目、いくつかあるうちの一つ取ればいい科目、などいろいろな科目がありすぎて複雑な時間割になっているのです。

九大生(笑)に授けられた古文書のようなものだと認識しておいてください。このアイテムをもって食堂などで困った顔してにらめっこをしていればいい感じに新入生ハンターお姉さんたちに目をつけてもらえます。

このディシプリン用紙(笑)は自分が新入生であるという完璧なシグナルになるのです。これを常に手に持っておくことでドライバーにとっても初心者マークのように働いて九大生から慈しみの扱いを受けることができるのです。

集めたビラの使い方

集めたビラは自宅で広げましょう。新歓の日程が書いてあるのであなたの持っているスケジュール長に書き込んでいきましょう。

かぶる日程もあるでしょう。優先順位をつけていくところいかないところ決めていきましょう。

それで雰囲気の良いところやりたいスポーツがあれば入部しましょう。

新歓に参加しておく利点

あなたが入りたい団体は一つではないかもしれません。いくつかあるのかもしれません。

大学生生活は4年間は最低でもあります。だけど相手から積極的に誘ってもらえるのは入学してからたかが3か月間くらいです。

この広い九大内に存在する様々な団体を見る期間はたった3か月間しかないのです。そう考えるとどれだけ新歓に行っておいても行き過ぎることはないでしょう。

とにかくいろんなところを見ておいても損はありません。

食費が浮く

少し本題とは離れますが、新入生は新歓に出ることで食費を浮かせることができます。先輩部員のおごりだからです。

これに参加しておくことでスケジュールに書いてある新歓のひは晩御飯代が0円で済ませることができます。食費を浮かせることができるんですね(笑)

これも参加する理由の一つになるでしょう。

まとめ

部活動やサークルの新歓に参加をしましょう。まずは合格発表、入学式、さらには入学後の1か月くらいでたくさんのビラ集めをしてスケジュール帳を埋めて、たくさんの新歓に参加しましょう。

所属したいところがあれば入部しちゃいましょう。大学には高校とは違っていろいろな熱量・種類の団体があります。自分に合ったところが見つかるといいと思います。

そして新歓のもう一つの魅力が食費が浮くということです。参加しまくっちゃいましょう。