カテゴリー
大学生活お役立ち情報

九大生は早く生協の会員になれ、今は還元5%が使える。

生協会員になっておくことでいいことがたくさんあります。なんといっても今年の5月までは経済産業省の進める5%還元が受けられます。

九州大学内ではショップといえば生協か、ローソンぐらいしかありません。生協会員になれば学生証で電子決済が行えるようになります。

レジでの会計もスムーズに行えるし、5%還元のおかげでお得な買い物をすることができます。何回かに一回の食事はこれでタダにできたりもしますからね。

入っておいて損はない制度だと思います。

スマート決済制度5%還元

5%がポイントとして帰ってきます。

経済産業省は現在今年の5月までの(2020年)スマート決済システムに対して、5%の還元を進めています。これはお買い物した金額に対して5%のポイントをつけるものです。

例えば学校では食事が1回だいたい400円ですから20円分のポイントが付くということです。20回のお食事をするとなんとすでに400ポイントがたまっており、1回分の食事がタダになるという計算です。

今年の5月までの制度なので生協会員になっておいて損はないでしょう。

生協会員とは??

そもそも生協会員とは何でしょう??生協会員は大学生協を運営する団体のことで大学内での買い物や学食、その他保険などを牛耳っている団体です。

相互補助団体と思ってもらって構いません。大学生協会員になるかどうかは自信で選ぶことができますが、入会時に会員登録費用として3万円ぐらいかかります。

これは卒業時に返してもらえるので預け金みたいな感じでとらえるといいかもしれません。

そして晴れて登録ができると、あなたの学生証に生協会員のしるしを授けられて、学生証にお金をチャージすることができる機能が搭載されます。

プリペイド機能ですね。そのプリペイドを使うときには、5%の還元対象になります。大学内でのほとんどの支払いは生協を通すので大学にいる間は5%オフで買い物していくことになります。

生協カードまとめ
  • 入会金がかかる(2万円くらい)、卒業時に還ってくる
  • 学生証がプリペイドカードになる
  • プリペイドカードを使えば5%還元

プリペイドは決済が早い

プリペイドカードは何より決済が早いという利点があります。レジで小銭でわちゃわちゃする必要がありません。カード渡して「ピピ~」で終了です。

スピードは何にも勝る有用な要素です。レジで簡単に決済終わると気持ちいいですね。

僕は5%還元になるまで生協会員になっていませんでしたが、早くなっておけばよかったと後悔しています。(入会金がもったいない気がしてたんですね、ハイ)

他の多くの決済システムでも言えますけど、決済が早い、小銭が必要ないというのはとてもアドバンテージですね。

今回は九大内での話でしたが、ラインペイやペイペイについても加入しておいて損はないです。

大学内でも、最強コスパの「童夢の森」で激安パンを購入するときに使うことができます。

まとめ

生協会員になることによって、学生証がプリペイドカードになります。プリペイドカードになれば学校内で5%還元を受けることもでき、スマートに決済が終わるので時間や手間の削減につながります。

入会金が一つのネックですが入っておいてください。人生が一つイージーになります。