カテゴリー
九大生就活

理系におすすめの就職しやすい研究室の選び方。推薦、学歴フィルターは存在する!就活から考える研究室。

就職の為に逆算をして研究室を選ぶことを僕は非常におすすめします。もしくは就職する気がないなら別の話です。本日は就職先から選ぶ研究室の話をします。皆さんに行きたい会社は決まっていますか?理系であれば、メーカーでしょうか?

最近では何かと好景気、売り手市場も相まって理系でも文系就職でコンサルタントや、商社に行く人が多い気がします。メーカーで就職を考える場合は必ず知っておいてほしい研究室の選び方なので注意してください。それは、共同研究先を調べることと、先輩の就職先を調べ上げること。この2点に気をつけましょう。
ちなみに研究室によってフィルターや学歴によってのフィルターは確実に存在するので注意しましょう。

また、理系大学生なのに就職を文系で考える場合には時間の点を重視して就活に時間的なリソースをかけられる研究室を見つけましょう。

理系で行きたい会社が見つからない場合は製薬メーカーや、化学メーカーを目指すことをお勧めします。デメリットは文系と比べて転勤ガチャリスクが高いことです。この業界は国の権益や、高い参入障壁によって守られているため、高利益企業です。

分野でいえば化学工学の分野の研究室に行くことをお勧めします。化学メーカーについては以下の記事をご覧ください。

共同研究先を見つけろ

簡単にわかりますが、研究分野によっては会社でそのまま生きる分野があります。そういう分野は会社が大学の研究室にお金をくれて研究の応援をしてくれていることがあります。そうなると、教授の先生と会社の間で、「いい学生はいませんか~?」という話になったりもします。推薦の誕生です。

つまり、研究室から共同研究をしている会社に行く確率はかなり上がるのです。工学部などの主要な学部には推薦枠が与えられますが、そこには壮絶な競争が存在します。学内選考を勝ち抜く必要があるのです。ライバルは50~100人くらいいることも企業によってはざらでしょう。

対して共同研究をしている会社に潜り込むとなれば、その推薦枠なりコネなりは教授の先生に与えられています。その倍率は格段に低くなります。研究室の同期など5人くらいのものです。5人に勝てばいいのです。ずいぶん楽な競争になるのです。

もしも、その会社に行きたいことが元から決まっていれば研究テーマ自体も先生に相談して共同研究向けのテーマにしてもらうことも可能です。戦略的に生きていきましょう。

先輩の就職先を調べろ

これは当たり前ですが研究分野によって有利に働く企業、そうでもない企業などが分かれます。そういった企業を調べるには先輩の就職実績を調べ上げるのが一番早い手です。

ビッグネームばかりには気をつけろ

この記事では簡単に就職することを目指しています。先輩の就職先を聞いてバラバラだったり、ビッグネームばかりが出てくる場合には気を付けておくべきです。それは、研究室の名前で就職したわけではなく先輩たちが就活を頑張った証拠なのです。

研究室生活で研究室が就活に使えないことを悟った先輩たちは、研究活動もほっぽり出して、就活戦線に駆り出されたのです。キラキラしたベンチャー企業や、ITビッグネームなんかの場合は先輩たちの血のにじむような努力が見て取れます。

そういう努力がしたいのなら否定はしませんが、大変になりますし、修羅の道でしょう。成功すればたたえられます。

狙うべきは同じ会社に何年も就職している

見つけるべきは同じ会社に何年も先輩が途切れることなく就職している会社です。こういう会社は、先輩も多くいますし、会社と研究室が良好な関係を築けている証拠です。その会社での情報も入ってきますし、ねらい目の大穴になります。

こういう研究室を発見した場合は自分だけこっそりとその研究室に入っちゃいましょう。あとは教授にその会社に行きたい旨を伝えておくだけです。

リクルート独占イベントが発生する

上記のような毎年研究室から就職している人がいるような会社は、OB訪問と称して出身研究室に就職説明に来ます。そして、いい感じの学生を見つけては唾をつけて帰っていくのです。そんな説明会に参加するのは一つの研究室の学生。大体5~6人前後です。

マッキー
マッキー
めっちゃヌルゲ~

何もないところから就職するよりもめちゃくちゃに簡単です。

僕自身の体験

僕の研究室には普通に就活したのでは東大生でも入ることが難しいメーカーとのコネがあります。今年の卒業生は全部で5人いましたが、その会社に2人就職することができました。ちなみに僕はほかの会社に行くことになりました(汗。同期の友達はとっても簡単に就活が終わっちゃったんです。

所属する研究室だけで就活の難易度は確実に変わります。就活と同じくらいの気持ちで研究室を選んでください。切実なお願いです。

マッキー
マッキー
頑張っていこ~