カテゴリー
九大生の恋愛

九大生が大学生デビューで失敗しないパンツの選び方は黒のタイトかスキニー1択

恋愛に慣れていない男子に送る、女子から足切りに会わないためのボトムスの選び方をお伝えします。

タイトなパンツかスキニーな黒ボトムスを選んでください。コツはそれだけです。今すぐにそんなものが揃えられない男子はとりあえずロールアップで応急処置としておきましょう。

パンツから選ばないといけない

パンツさえできていれば大きな失敗はしない。

上に着るものは、大きくイメージを変えることができるけどベースはパンツで決まります。

つまり、あなたの大まかなイメージを形作るのはパンツなんです。何か洋服を新調しようと思ったときに考えがちなのが、Tシャツやシャツから選んでしまうことです。が、そうではなくパンツからそろえるのが基本なんです。

そしてパンツで目指すべきはすっきりしているシルエットです。まずはすっきりを目指しましょう。

前に清潔感の話で、男子が女子から足切りに会わないための服装の話をしました。その際に書いたAライン、Iライン、Yラインがあります。

細めのパンツをはくことができればIラインと、Yラインを作ることができます。足元がすっきりするだけでスマートな印象を持たれます。

そこで、今回はすっきりした足元を完成させるためにスキニーなパンツかタイトなデニムを選ぶことについてお話します。

タイトパンツで黒がいいわけ

パンツはタイトなシルエットでなおかつ黒を選びましょう。理由はきれいに見えるし合わせやすいからです。

タイトシルエット

タイトなシルエットのパンツは好印象です。きちんとしている人に見えます。

足元がダルンダルンになっている人と、足元がすっきりしている男性ではどちらのほうが真摯に見えますか?絶対にすっきりしているほうがいいですしダルンダルンはだらしがないですよね?

だからスキニーかタイトなパンツを選びましょう。それだけであなたの印象はいくらかましになります。

黒の便利さ

黒がなぜよいかというと黒はとても合わせやすいからです。上に何色のシャツや服を着ても調和がとれます。何を着てもです。

逆に白だったりするとそれだけで少し派手になってしまい、あわせにくくなります。せっかくかっこいいシャツを買っても白いパンツなのでちぐはぐになってしまうこともあります。

合わせやすさを考慮しても黒がいいでしょう。黒をはいていれば上に何が来ても大丈夫な安心感がありますね。

黒は何色でも許容できる包容力があります。

足首を見せてごまかせ

今すぐできる技はロールアップです。

でも、タイトなパンツなんて持ってないし今すぐには買えないよという方は足首を見せることを意識してください。

足首のキュってところが相手に見えているだけでしまった印象を与えることができて、清潔感につながります。

足首を見せるコツはロールアップです。すそをくるくると上に巻いてしまえばあなたのくるぶしが出てくるでしょう。

そうするだけで完成です。

ロールアップは必殺技として常に使っておいてください。

まとめ

女子に簡単におしゃれだと思ってもらえるコツは、タイトなシルエットの黒パンツ、そして応急処置的なロールアップです。

だまされたと思ってやってみてはいかがでしょうか?